トップ

フリーランスの始め方

まずは開業届を提出する

開業届を税務署に提出する

Webデザイナーやシステムエンジニア、ブックライターなどの方の中には、会社を辞めてフリーランスとして働きたいという野望を持っている方も多いことと思います。そんな方々が開業を検討する際に最もネックにしていることのひとつとして、税金関係をどうするかという部分があるでしょう。

しかしいくつかの基本的な事項を押さえることが出来れば、たった一人だけのフリーランスでも税金関係に悩むことなく事業を運営していくことは十分に可能です。
フリーランスとして働く準備をはじめた方はこちら。

フリーランスで税金関係を考える際にまずやっておかなければならないことは、税務署に開業届を提出することです。確定申告との兼ね合いもありますので、開業届はフリーランスとして開業してから1ヶ月以内に必ず提出するようにしましょう。

開業届を提出することは、フリーランスの方が税制優遇を受けるためには必須のことだと言えます。開業届を提出することで、最大で年間65万円もの控除を受けることが出来る青色申告が出来るようになりますし、屋号名を決めることが出来るので屋号での銀行口座を持つことも可能になります。また、簿記の知識がない方は開業届を提出することで、記帳に関する無料指導が受けられるなど、大小さまざまなメリットがあるのです。

開業届に関する書類は、国税局のホームページからフォーマットをダウンロードして利用することが出来ます。記入例等も詳細に書かれていますので、それほど手間取ることなく記入することが出来るでしょう。

また、確定申告の関係上、開業届はその年の3月15日までに提出するようにしましょう。提出が遅れてしまった場合、その年の申告では青色申告を行うことが出来なくなってしまいますので注意が必要です。